さっぱりラム肉のジンギスカン『ジンギス館 ひつじや』(池袋)

 

こんばんは。

 

先日は、父と外食しよう!という話になり、悩んで末に久しぶりに以前から気になっていてジンギスカンのお店に行ってみようとことで、こちらにお邪魔しました。

 

f:id:owarinakitabix:20170418232344j:plain

 

え~、ボケてますね(笑)

 

なんだかこの日に撮った写真はこんな感じ多い。いつもはちゃんと撮れているんだが…

 

こちらのお店は、池袋の北口側にあるロサ会館近くにあります。はじめてお邪魔したのですが、予想通り店内はそんなに広くありません。入るとカウンター席がずらっと並んでいて、奥まで歩いていくと右手に8~10人掛けぐらいのテーブル席が2つがあります。

 

来店したのは日曜日の18時頃、30代ぐらいのカップル2~3組ぐらいと大きなテーブルにも、カップルが2組シェアしていて、もう1つは宴会モードの男性グループ。結構繁盛している感じでした。

 

従業員に目を移すと、ホール側3名・厨房に3名。狭いお店にしては従業員が多いなという印象、提供スピードは速そうです。

 

席には灰皿が置いてあったので、禁煙ではなさそう。

 

そして、いざ注文‼

 

1番オーソドックスな感じの

ジンギスカンセット(一人前950円)

を2人前。

 

そして、この日は暖かったのでーいつもか(笑)ー

ビール(中)520円ちなみに特大は900円ぐらい。

 

お次は、

上ラム肉のタタキ1150円

 

ちょっとこの店の中では価格帯的には高めの商品なんですが、興味をそそられてしまったので注文。

 

あとは、父が

ライス 200円

を注文。

 

しばし期待しながら待っていると、なんと七輪が目の前に運ばれてきます。そして、いよいよお馴染みのジンギスカン鍋がその上に。もう熱くなっているということなので、すぐに焼きはじめちゃいます。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235536j:plain

 

f:id:owarinakitabix:20170418235555j:plain

 

ジンギスカンの焼き方の解説が、メニュー表のところにありまして、

まずは野菜を引き詰めて、しばらく焼いてから真ん中の部分を空けて肉をその中へと投入するらしいのですが、「オレが焼く‼」といった父は肉を我先にと鍋の上へ…肉がどうしても早く食いたかったのでしょう。

 

おかげで皿には、野菜だけで寂しく置いてけぼりに

 

f:id:owarinakitabix:20170418235521j:plain

 

肉の追加(700円)が出来たので、頼んでみることに

 

f:id:owarinakitabix:20170418235508j:plain

 

こんな感じで出てきます。

 

あっ、そうそう肝心の味の話をしないといけませんね。

 

ラム肉自体癖がなく、ボリュームがそれなりに厚くて満足感が高いです。つけダレが、焼き肉のような甘めのタレをイメージしていたのですが、甘さは控えめにしたあり、酸味が効いていて、ほんとさっぱり食べられる。食べた後も、非常にさわやかで「肉、食った~」という感じではなかったです。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235609j:plain

 

上ラム肉のタタキ

 

も、さっぱりとして臭みが全くない。美味しくいただきましたが、「このお店に行ったら、絶対食べてみて‼」というほど、推せる感じではないので、気になった方はどうぞ!ぐらいな感じです。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235451j:plain

 

それと、店主のお奨めということで、メニュー表に力強く書いてあったので、

 

じゃがバター(280円)

 

を注文してみることに、+80円でチーズ・明太子・塩辛がトッピング出来るんですが、今回はさらのやつでいってみることにしました。

 

北海道のきたあかりを使用しているとのことで、期待しすぎたせいかちょっと拍子抜け。甘さの強い感じのほくほくなやつが出てくるのかなと思ったのですが、そうでもなくて自己主張が少ない感じ。トッピングが乗ることが前提になっているのかなと感じました。

 

全体的には、宴会コースがあるようなので、みんなでワイワイしたいときにはピッタリのお店だと思いました。

 

r.gnavi.co.jp

 

池袋食べ歩き

↓最近の記事↓

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com