読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロなレストランへようこそ!「タカセ 池袋本店」

 

先日は、大正9年創業の洋菓子店であり、レストランもやっておられる「タカセ 池袋本店」に行ってきました。

 

f:id:owarinakitabix:20170503055621j:plain

 

今回は、3階のレストランへ行ってきました。1階はパンや洋菓子の販売、2階は喫茶室になっており、9階は見晴らしのよいコーヒーラウンジになっております。

 

大正9年創業ということで、レトロ感満載。私も昔から通っているので、安心感が半端ではないです。まだ、幼少の頃、池袋ヒューマックスが東宝の白いビルだった時代、ドラえもんの映画を祖父に連れて行ってもらって、帰りは必ずここで食事をしていた思い出のお店なんです。

 

のび太と鉄人兵団」「のび太とパラレル西遊記」とかね。懐かしいなぁ~。そういえば、ドラえもんのタイトルってどうしていつも「のび太と〇〇」なんでしょうかなね。のび太はいるのかな。まあ、どうでもいいですね。すみません。本題に戻しましょう!!

 

タカセさんは、実は元々タカセではなく、森永のチェーン「森永ベルトラインストア」として営業されていた時代があるんですよ。それを昭和37年に、創業者の森茂吉さんが香川県三豊市高瀬町のご出身であったことから、タカセになったそうですよ。私はてっきり創業者がタカセさんなんだと思ってました。

 

www.takase-yogashi.com

 

 

f:id:owarinakitabix:20170504064817j:plain

 

では、いざ店内へ。

歴史のあるお店なので、お客さんの年齢層は比較的高めですが、この日は休日だったかともあってか、ファミリーや20代の女性がいました。ちなみに、ここはお子様ランチもあります。ウェイトレスさんが、運ぶ姿を見ていると、子供のころを思い出します。

 

このお店は、全席禁煙になっております。

 

そして、注文へ。ここへ来たら頼むものは決まっているのです。

 

それはハンバーグ。この店に来るといっつも頼むんですよね、子供の頃からずっとこれ!定番です‼それと休みのランチなので、グラスビールを注文。

 

f:id:owarinakitabix:20170504074030j:plain

 

ランチビールで、喉と心を潤してます。

 

そして、お待ちかねの

 

f:id:owarinakitabix:20170504074330j:plain

 

来ました。

 

「ハンバーグステーキ」 930円

+ライス  180円

 

サラダやスープのセットもありますが、今日はライスだけ付けました。

 

久しぶりに来たせいでしょうか。以前よりもボリュームがあるような感じがします。ちなみに、お肉は牛:豚が7:3の割合になっています。

 

このハンバーグ、実は食べ方がありましてね。備え付けのソースをかけるんですよ。

 

これも、小さい頃からずーーーーっとやってます。邪道かもしれないんですが、好きなんですよね。他のお店ではやらないんですが、タカセのハンバーグはこのやり方が一番だと信じて疑っておりません。ちょっと甘めな感じになるのがいいんですよ。ぜひ、試してみてください。

 

う~ん、安定の美味しさ‼

 

オススメです‼

 

 

最近の池袋食べ歩き記事

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

 

 

 

カウンター席のないカレー屋‼『黒5カレー』

 

 

先日は、4/17(月)にオープンしたばかりのカレー屋さん、『黒5カレー』に行ってきました。

 

f:id:owarinakitabix:20170420092042j:plain

 

f:id:owarinakitabix:20170420092054j:plain

 

池袋にある焼き肉店、黒5さんのプロデュースされているお店でしょうか?A-5ランクの牛肉を使用したカレー屋さんみたいですよ。以前、紹介した『ジンギス館 ひつじや』にとても近い場所にあります。

 

店内に入ると、厨房の前に細い通路があり、そこ通ると左奥にボックス席が2つあります。2階もあったのでそちらへ行くことに、上にはボックス席4つ。えっ、カウンター席ない‼結構、衝撃。構造上しょうがない部分もあるのでしょうが、一人客を見込んでいないということなんでしょうか?

 

まあ、価格帯にも、

キーマカレー950円(税別)

ビーフカレー950円(税別)

が最低ラインなので、気軽に入れる感じではないからなのか。夜のお店が多い場所ですから、その方たちが主なターゲットなのかな。

 

ちなみに、2300円(税別)でローストビーフ丼なんてもの食べられますよ。

 

今回は、メニュー表お店のイチオシな商品(のはず)

「黒5カレー」を注文してみました。

 

注文してから、すぐ出てきたのがコチラ↓

 

f:id:owarinakitabix:20170420092104j:plain

 

なっなんだ・・・お通し?

 

いや、ここは居酒屋ではないはず・・・

 

と思って、スタッフの方に聞いてみると

 

「ネギのピクルス」

 

とのお答え。ほほぉ~、ネギのピクルスときましたか。わたくし、人生でネギのピクルスを食べたことがございません。こういう予想外の出会いがあるとは思いませんでした。これが食べ歩きをする喜びですね~。

 

そして、次に出てきたのがコチラ↓

 

f:id:owarinakitabix:20170420092112j:plain

 

牛骨スープ

 

そうですね、なにせ黒5のお店ですから、コンソメスープとかだしてる場合じゃないですよね。じっくり煮込まれていて、濃厚なスープが味わえます。全部飲まずに、あとでカレーとの相性をみたいから、ちょっとだけ飲む感じ。

 

そして、いよいよメインが到着いたしました。

 

f:id:owarinakitabix:20170420092122j:plain

 

はい!左側がビーフカレー。右側がキーマカレーになっております。

 

1皿で2つ、いや実は3つの味が楽しめるカレーなのです。

 

まずは、1つ1つのカレーを食べる。それはそれで美味しいのですが、2つのカレーを中央のあたりーどこで混ぜていたでいても構いませんーでまぜて、食べてみると、これは絶妙のハーモニーでうまい。これは食べたことない感覚、ビーフカレーとキーマカレーがすごいいい感じで混ざり合って、美味しかったです。うまく詳細にお伝えできませんが、美味しいということは伝わったでしょうか?自分の稚拙な文章にやや不安な感情が押し寄せております!

 

ネギのピクルスも合いますが、他の定番の薬味があってもいいのかなとは思いました。ただ、独自な感じを出していきたいんでしょうから、これでいいのかな。

 

ちなみ、さっき残しておいたスープは、カレーを一緒だと味が濃い同士で、バッティングするので、さきに全部飲んじゃった方が美味しく召し上がれると思います。

 

 

↓池袋食べ歩き カレー関連記事↓

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

 

さっぱりラム肉のジンギスカン『ジンギス館 ひつじや』(池袋)

 

こんばんは。

 

先日は、父と外食しよう!という話になり、悩んで末に久しぶりに以前から気になっていてジンギスカンのお店に行ってみようとことで、こちらにお邪魔しました。

 

f:id:owarinakitabix:20170418232344j:plain

 

え~、ボケてますね(笑)

 

なんだかこの日に撮った写真はこんな感じ多い。いつもはちゃんと撮れているんだが…

 

こちらのお店は、池袋の北口側にあるロサ会館近くにあります。はじめてお邪魔したのですが、予想通り店内はそんなに広くありません。入るとカウンター席がずらっと並んでいて、奥まで歩いていくと右手に8~10人掛けぐらいのテーブル席が2つがあります。

 

来店したのは日曜日の18時頃、30代ぐらいのカップル2~3組ぐらいと大きなテーブルにも、カップルが2組シェアしていて、もう1つは宴会モードの男性グループ。結構繁盛している感じでした。

 

従業員に目を移すと、ホール側3名・厨房に3名。狭いお店にしては従業員が多いなという印象、提供スピードは速そうです。

 

席には灰皿が置いてあったので、禁煙ではなさそう。

 

そして、いざ注文‼

 

1番オーソドックスな感じの

ジンギスカンセット(一人前950円)

を2人前。

 

そして、この日は暖かったのでーいつもか(笑)ー

ビール(中)520円ちなみに特大は900円ぐらい。

 

お次は、

上ラム肉のタタキ1150円

 

ちょっとこの店の中では価格帯的には高めの商品なんですが、興味をそそられてしまったので注文。

 

あとは、父が

ライス 200円

を注文。

 

しばし期待しながら待っていると、なんと七輪が目の前に運ばれてきます。そして、いよいよお馴染みのジンギスカン鍋がその上に。もう熱くなっているということなので、すぐに焼きはじめちゃいます。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235536j:plain

 

f:id:owarinakitabix:20170418235555j:plain

 

ジンギスカンの焼き方の解説が、メニュー表のところにありまして、

まずは野菜を引き詰めて、しばらく焼いてから真ん中の部分を空けて肉をその中へと投入するらしいのですが、「オレが焼く‼」といった父は肉を我先にと鍋の上へ…肉がどうしても早く食いたかったのでしょう。

 

おかげで皿には、野菜だけで寂しく置いてけぼりに

 

f:id:owarinakitabix:20170418235521j:plain

 

肉の追加(700円)が出来たので、頼んでみることに

 

f:id:owarinakitabix:20170418235508j:plain

 

こんな感じで出てきます。

 

あっ、そうそう肝心の味の話をしないといけませんね。

 

ラム肉自体癖がなく、ボリュームがそれなりに厚くて満足感が高いです。つけダレが、焼き肉のような甘めのタレをイメージしていたのですが、甘さは控えめにしたあり、酸味が効いていて、ほんとさっぱり食べられる。食べた後も、非常にさわやかで「肉、食った~」という感じではなかったです。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235609j:plain

 

上ラム肉のタタキ

 

も、さっぱりとして臭みが全くない。美味しくいただきましたが、「このお店に行ったら、絶対食べてみて‼」というほど、推せる感じではないので、気になった方はどうぞ!ぐらいな感じです。

 

f:id:owarinakitabix:20170418235451j:plain

 

それと、店主のお奨めということで、メニュー表に力強く書いてあったので、

 

じゃがバター(280円)

 

を注文してみることに、+80円でチーズ・明太子・塩辛がトッピング出来るんですが、今回はさらのやつでいってみることにしました。

 

北海道のきたあかりを使用しているとのことで、期待しすぎたせいかちょっと拍子抜け。甘さの強い感じのほくほくなやつが出てくるのかなと思ったのですが、そうでもなくて自己主張が少ない感じ。トッピングが乗ることが前提になっているのかなと感じました。

 

全体的には、宴会コースがあるようなので、みんなでワイワイしたいときにはピッタリのお店だと思いました。

 

r.gnavi.co.jp

 

池袋食べ歩き

↓最近の記事↓

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com

いろんな面白カレーが楽しめる「火星カレー」(池袋)

 

f:id:owarinakitabix:20170128224341j:plain

 

銀河系級の旨さのカレーがあるとのことで、言ってみることに、東京芸術劇場近く、多くのメディアで取り上げられているABCキッチンさんの並びにあります。

 

平日の14時ごろ来店。

 

f:id:owarinakitabix:20170128224606j:plain

 

お店の入り口に、大きなメニューを書いた看板がありましたが求人募集の貼り紙がでかでかと‼

 

う~ん、そうとう人に困っているのでしょうか?

 

人材不足は、うちの業界も同じですから同情してしまいますね。切実。。。

 

まあ、気分を切り替えて地下へと降りていきます。

 

f:id:owarinakitabix:20170128225025j:plain

 

店内は、カウンター席と対面の席が3席ぐらいあります。対面の席がうまっていて、カウンター席は男性が一人だけ座っています。店内は、そんなにスペースはないんですが、不思議とゆったりできる雰囲気。

 

このお店は、鹿・馬・鴨・カンガルーなどのカレーがいろいろあるんですよ。

 

そっちで行こうかなとも思ったんですが、ブラジル産の鶏カレーにあまり魅かれてしまったのでそちらで行きました。

 

f:id:owarinakitabix:20170128230308j:plain

 

ドライカレーのような感じのルーの上に、パリパリで香ばしそうな鶏肉が旨そう

 

食べてみると、案外鶏肉の柔らかさが伝わってくる仕上がり、カレーはスパイシーながら、フルーティな感じです。特徴のあるスプーンでいい感じですくい取れます。

 

鶏カレーが美味しいですが、鹿とか馬・鴨などと合いそうな感じなので、ぜひ次回はジビエ系に挑戦してみたい!

 

それと、紅ショウガが設置されていることに、完食後に気づいたので次回はそちらも試したいと思いました。

油まみれ「油そば専門店 春日亭 渋谷店」

f:id:owarinakitabix:20170128220640j:plain

 

「そういえば、油そばって食べたことないなぁ」と、ラーメン好きの友達とそんな話になって、渋谷の「油そば専門店 春日亭」へ。

 

週末の18過ぎに来店すると、

「あぶらっしゃいませ!」

 

と店員さん

 

オレの頭の中は

 

???

 

いまなんて言ったんだろうと、思いながら店内へ。

 

店員さんのTシャツやら、カウンターのよく見えるところに

 

「油とうございます」

やら

「油しゃいませ」

など、油推しのダジャレがわんさか連打されています。

 

なんかテンション上がってきます!

油に対する思いが、オレの心を潤してくれます。

 

そして、めちゃイケのキャラクター「油谷さん」を思い出して笑ってしまいそうに(笑)

 

狭い店内に3人の男性が立って席が空くのを待っている状態。しばらく待つかな~と思いながら、友達と話をしながら待つことに。話していたからかもしれませんが、提供するスピードとお客さんの食すスピードが早いせいか順番が回ってくるのが思いのほか早かったです。店内にびっしり書き込まれた、らくがき?を見ていたからかもしれないですけどね。

 

立っているときに、目の前の20代前半ぐらいの男の子が、最後の汁が残ったところで「たまごかけご飯セット」150円を注文。汁の中に入れて食べているのがすごいうまそぉ !あとで頼んでみようかなと密かに思っているうちに、順番が回ってきます。

 

席に座ってしばらくすると出てきました‼

 

f:id:owarinakitabix:20170128205429j:plain

 

「炙り鳥豚そば 中盛」

 

f:id:owarinakitabix:20170128220052j:plain

 

いろいろとおすすめの食べ方を書いたものが店内に貼ってあります。ここにさっきのたまごかけごはんも載っています。

 

まずは、書いてある通りそのままでいただきます。油を口いっぱいに感じながら、極太麺をいただきます。油全開なのにもかかわらず、そこまでしつこさがなくて美味しいんですよ。

 

次の一口は、ラー油を入れて、次はお酢とどんどん味を変えられるので、飽きることなく食べられます。

 

最後に、たまごかけごはんを頼もうかと思いましたが、お腹いっぱいになってしまったので、スープ割だけして完食。

 

油王スタンプラリーをいただいて、お店をあとにしました。

 

f:id:owarinakitabix:20170128205509j:plain

 

f:id:owarinakitabix:20170128205525j:plain

 

ちょっと、Tシャツが欲しいけど、30ポイントは道のりが遠いな。。。

 

 

ミディアムレアなハンバーグをいただく「札幌牛亭 南池袋店」

 

この間は、札幌牛亭さんにお邪魔しました。

 

美味しくて、ボリュームがあり、満腹と満足をモットーに1981年10月18日北海道札幌に「ステーキハウス牛亭」をオープンしたそうです。

 

今年で、36年目になるんですね。歴史のあるお店です。

 

「札幌以外でも食べたい!」「東京でも食べたい!」という声があったことから、2010年10月1日札幌牛亭南池袋店がオープンしたそうですよ。

 

大型書店ジュンク堂の横、東通りを入って一本目の道の入ってすぐのところにあります。

 

札幌牛亭 - お店の外観

 

ここのお店のポイントは、肉の量と焼き加減が選べるところ。

 

①まずは肉の量から決めたいと思います。

 

180g/230g/300gと3種類から選べます。平日限定のランチメニューには、150gライス・サラダ等のセットで990円なので、平日休みの方はこちらがお得ですね。

 

②そして、肉の焼き加減

 

ミディアムレア/ミディアム/ウェルダン

 

と3種類から選べます。本日はミディアムレアを選びました。

 

③+100円で、

目玉焼き/とろりチーズ/唐揚げ/ソーセージのトッピングができます。

 

今回は、トッピングはなしにしました。

 

 

f:id:owarinakitabix:20170504101245j:plain

 

f:id:owarinakitabix:20170504101301j:plain

 

いや~、到着いたしました~。美味しそう~

 

ハンバーグの上には、玉ねぎベースにブラックペッパー、にんにくがプラスされた札幌クラシックソースがかかっています。ブラックペッパーとにんにくが入っているとかなりスパイシーなのかなと思われるかもしてませんが、

 

ものすごくスパイシー!

 

というほどではありません。個人的な感想なので、他の方がどう感じるのわかりませんが・・・

 

食べてみると、レア感のあるハンバーグとソースがマッチしていて、とても美味しい!

 

写真にもありますが、ハンバーグ自体に切り込みが入っていますので、食べるスピード次第でいろいろな焼き加減を楽しめるのが嬉しいです。

 

巣鴨に「グリルK」という雑誌で取り上げられたことのあるお店がありますが、そこよりもリーズナブルにレアハンバーグを楽しめるお店ですね。 

 

 

 

www.ushitei.com

 

 

↓最近の食べ歩き記事↓

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com

 

owarinakitabix.hatenablog.com

こだわりの昼ビール「キリンシティプラス 池袋WACCA店」

こんばんは。

 

池袋をぷらぷらと歩いていたら、素敵な感じのお店だなぁ~と思って店内を覗いていたら、イケメンの男性がスマートに現れて、

 

「どうぞ!サラダビュッフェもやってますよ!」

 

と声をかけていただいたので、それではひとつ今日のランチはここにしてみようかなと入ったお店です。

 

f:id:owarinakitabix:20170115232521j:plain

 

どうやら、ビール会社のキリンさんが経営しているらしいビアレストランのようです。

 

そんな知識も持たず、なんとなく入ってしまったけど、ビールが好きな私にはぴったり!!

 

イケメンのお兄さん、声かけてくれてありがとう‼

 

と思いながら、ランチビアのハーフ&ハーフを注文。価格が230円なんですよ、ちょっと嬉しい。休日の昼に飲むビールは最高なんですが、量は少なくていいんです。本気で酔いたいわけではなく、休日気分を味わいたいだけ!だから、小量を低価格で提供してくれるのはありがたいなと思いながら

 

注文すると

 

「少しお待ちいただいてもよろしいですか?」とウェイターさん。

 

「???…はい。」と私。

 

あとから知ったんですけど、このお店キリンさんがやっているだけあって、ビールの入れ方にいろいろこだわりがあるらしんです。

 

社内試験に合格した「ビールマイスター」だけがビールを入れられるらしいんですね。それで、3回注ぐんですよ。

 

①グラスの中に勢いよく回転させて泡いっぱいにする

②じっくり待って、ほどよく苦みや炭酸が抜けるのを待つ

③2回ほど注いで完成

 

 

f:id:owarinakitabix:20170115234221j:plain

 

 はい、完成しました‼

 

ちょっと泡多くないか・・・とも思いましたが、旨味がきっちり閉じ込めているということでしょう。

 

飲んでみると、

 

「うん、うまい!休みの日の昼ビール最高‼」

 

ビールマイスターさんに感謝しつつ、サラダビュッフェでとってきたサラダをおつまみしながら、悦楽のひとときを満喫していました。

 

f:id:owarinakitabix:20170115234236j:plain

 

結構、いろいろ選べてお得感あります。すべてのランチにサラダビュッフェがついてくるのが嬉しいです。

 

 

そうこうしているうちに、本日のメインが到着いたしました。

 

f:id:owarinakitabix:20170115234156j:plain

 

「茸(きのこ)のオムライス」1280円(税込)

 

「おっ、きたきた。」

 

ごはんは硬めで、ケチャップが完全にいきわたっているわけでないので、好みはわかれるかもしれませんが、私は美味しいと感じました。